そして召し上がれ。本をしゃぶりつくすように。

新書だけが本ではない 古今東西誰かに見つかるのを待っている本がある

文例

恐怖

恐怖:おそれること。こわいと思うこと。また、その気持ち。 何しろ体が凌ぎ良くなったために足の弱りも忘れたので、道も大きに捗って、①まずこれで7分は森の中を越したろうと思う処で五、六尺上の樹の枝から、ぽたりと笠の上へ落ち留まったものがある。 鉛…

【文例】夕立

夕立 予感 冒頭 夕立が近づいてくる気配を私は好んだ。 黒雲が大きな獣のように夏空を走って、乾いた街路が沈んでゆくように翳る と、果実のような甘い匂いが当たりを満たす。最初の一滴はまだ落ちない。 そんな時に街中を歩いていると、わくわくと身体が震…